« Oh アメリカ | トップページ | ゴミ箱 »

データ流出

Winnyでデータ流出(YOMIURI ONLINE 2006/02/28)

 海上自衛隊の護衛艦の秘密文書も含む業務用データがインターネット上に流出していた問題で、自宅の私用パソコンが流出元となった海曹長(41) が、海自の事情聴取に対し、「自分のパソコンはウイルス対策ソフトを常に更新しており、自分は絶対にウイルスに感染しないと思っていた。慢心があった」と 話していることが分かった。

 海曹長は、海自が実施したパソコンの情報保全に関する研修にも過去3回参加しており、ファイル交換ソフト「Winny」(ウィニー)がウイルスに感染した場合のデータ流出の危険性も認識していたという。

 ウィニーを私用パソコンに入れていた動機について、海曹長は、「音楽や映画のデータ交換のため」と話し、「自分の仕事の資料収集のために、安易な気持ちで業務用データを自宅に持ち帰った。保全意識が欠如していた」と深く反省しているという。

 海曹長は艦内ではベテラン格で、同じ分隊に所属する若手乗員の指導や教育などを担当する役割も担っていた。このため、自衛艦のコールサインなどの秘密情報のほかに、一部の乗員名簿や緊急連絡網などの個人情報も流出した。

本当に後を絶たないデータ流出。この出て行ったデータはどこに行ったのか??
敵国へも出て行ってしまいましたか?? なにやってんだか。

映画や音楽のデータ交換のためにこのソフトをインストールしていたというが、その映画や音楽のデータって九分九厘以上人の著作物でしょうに。結局Winnyを入れてるPCで仕事をしている時点でもうだめやね。

っていうか、そういうファイル交換が本当に一般的になっているのが怖い。某SNSのMac関連コミュニティでも、limewireのインストール方法を教えてくれ、、という質問に対して、
「違法な事に使うのでは?」
「インストール自体は違法ではない」
といって必ずもめる。

しかしこの手のソフトを合法的に限って使っているとすれば、感触的にあまりにユーザが多すぎる。ググって見ても、違法としか思えない使い方を解説しているページが多すぎ。

犯罪を犯ている意識が無いまま、さらに機密データを流出した大馬鹿者には厳罰に処して欲しい。

« Oh アメリカ | トップページ | ゴミ箱 »

「おおばかもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160975/9145027

この記事へのトラックバック一覧です: データ流出:

« Oh アメリカ | トップページ | ゴミ箱 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ