« 担々麺 | トップページ | 中国人 »

日本語in中国

昼休み日本を意識したラーメンやへ。

その中で、どうしても理解出来ない一文が、、、それも随所に、、、
”うノメン”って縦書きで。。。。これって、ラーメンのことらしい。縦で書いたのばす棒がカタカナの”ノ”になってしまっている。分かってしまえばなんてことないんだけど、、、
あとは香港で見かけた”アツシボマシサーヅ” シとツを使い分けているのは分かるのだけど、逆。かなり惜しい。
それから深センでみかけたのが、”しぎぷしぎぷ”。これは本当に分からなかったが、店の中に入って鍋がおいてあり、かつ、外看板には、日式溂溂って書いてあったから、どうも、”しゃぶしゃぶ”のことを表しているのは無いかと、、、

こう考えると日本人って、漢字(これは最近本当に分かっているのか怪しい人間が多いが、、自分も含めて)、ひらがな、カタカナを上手く使い分けているが、これって結構たいへんな事なんだろうなぁ、、、って思う。その上、英語も必要、、とか言われている。少なくとも、英語が国際標準になっている今、アメリカ人、イギリス人にはこの苦労はみじんも分からないんじゃないかと。。。(笑)。
(でも、英語ぺらぺらでかなり羨ましい、(笑))

« 担々麺 | トップページ | 中国人 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160975/9614209

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語in中国:

« 担々麺 | トップページ | 中国人 »

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ