« 夏真っ盛り | トップページ | USの車 »

出張総括(エアライン)

UAのCA:やっぱりCAさんに対する考え方が日本とは全く異なりますな。帰りは行きよりも高齢化が進んでいてかなり驚いた。おそらく60歳を超えているようで、歩くのも大変(腰が悪いのかも)そうなおばあさんがいた。日本語をしゃべる人だったのでいろいろ世話はしてもらった。昔お嬢様だったような日本語の使い方。そんなに嫌ではなかったが。。
帰りは残念ながらCクラスだったのだが、、(ってCでも十分贅沢(笑))、Fにスタイルの良い、若いCAさんが居たので、行きと違うやん、、と話をしていた。とはいえその彼女もすでに40歳を超えているかの感じ。こちらの感覚までアメリカナイズされつつありますな。
しかし、東京の人は良いよな。どこのエアラインでも選びたい放題なんで。。

食事等:帰りのフライトはもともと11時間40分の予定が10時間40分に。向かい風が弱く、最後の方は追い風だった模様。機内では2時間ほど寝たが8時間程はずーっと起きて映画を見ていた。日本時間の6時半にSFOを出発して、食事は2回。1回目は幕の内弁当。巻きずしが1個ついていたが、最悪にまずい。ご飯が固まりかけ。ミニうどんも端の方がばきばきに乾燥している。歯の詰め物が取れたのかと思った(笑)。二度と頼みません。
映画は、The Sentinel と MI3を2回ずつみた。どちらもまあまあ。
行きに見たThe firewallはいまいち。今回はPCに映画を入れていったけど、結局出すのが面倒で鑑賞せず。VDOで無いので、一番長い映画が終わるまで他のCHはブルーバック画面。このあたりは日本の方が進んでるね。

シート:Fはもちろんすばらしかったが、Cも隣が居なかったせいかかなり快適。無問題。オーディオチャンネルで管制官と飛行機の更新をずーっと流しているので暇なときに地図を表示させながら聞いていた。もちろん、自動操縦に入ると全然更新が交わされないのだけど、離着陸の時は結構おもしろい。日本の会社もやればいいのに。

« 夏真っ盛り | トップページ | USの車 »

コメント

そう考えると美人の評価って案外相対的なのかもしれませんね。

性格はともかく、見た目に関してはとても相対的だと思われます(笑)
特に閉空間に10時間も閉じこめられているときはね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張総括(エアライン):

« 夏真っ盛り | トップページ | USの車 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ