« 心拍数としんどさ | トップページ | フェニックス »

自転車、、CPR

自宅から会社まで
運動時間:1時間07分
心拍設定内運動時間:1時間00分
平均心拍:136bpm
最高心拍:157bpm
消費エネルギー:805kcal
距離:24.4km
平均速度:21.8km/h
最大速度:42.2km/h
平均ケイデンス:76rpm
最大ケイデンス:99rpm

朝は自転車で快適通勤!!心拍を意識すると、結構運動量がことなるかも。でも、ケイデンスをあげ気味になる(といってもまだまだ低いけどね(笑))と、筋肉にも優しいのか筋肉痛にはなってない。良い感じ。

帰りは遅くなったので、途中の駅まで自転車でそこから電車で帰ってきた。明日は飲み会なので、会社の自転車置き場に週末はおいておこう。あそこは夜〜休みの日は鍵がかかるので安心。

今日は午後から夕方まで、CPR(心肺蘇生法)の講習を受けてきた。意識を確認して、救急車とAEDを手配して、気道の確保、呼吸を確認、息をしていなければ人工呼吸。2回入れて、30回心臓マッサージ、再度人工呼吸2回、心臓マッサージ30回、、、、
ってな感じで人形相手に何回も練習(キス)してきました。

トレーナーに、「心臓マッサージはもっと思いっきり押して人形を壊してしまうかと思ったけど、意外に上手いじゃないか、、」みたいなことを言われた。

思いっきりおしませんって。。
加減しますって。。

でも思ったのが、CPRって、練習しておかないと絶対に出来ないなぁ。。
練習していても怖いよね。自分が手を下して本当に助かるのか?? 逆に酷くなったりしないか、、って。
その話をすると、トレーナー曰く
「今日練習した通りにすれば絶対問題はありません。自信を持って!」と。

思ったのが、そうまでして人の命は救うモノなんだよな。普通。
でも、今の世の中、簡単に人を殺しちゃうよね。それが故意であろうが無かろうが。どうしたらいいんだろうね。。


講習の最後に、「今回の講習につかった人形は消防署から借りてきたモノです。今後、社内で講習会を展開していくにあたって、5体購入しました」との連絡があった。
この人形、たとえば、広末涼子だとか坂口憲二だとかをモデルにして作れば、参加者のモチベーションが上がるのでは??と考えたワシ(とその同僚、、同じ事を考えていた)はやっぱり変態親爺なのだろうかね??

ま、好みの問題もあるか。。。


« 心拍数としんどさ | トップページ | フェニックス »

コメント

私も過去に講習受けましたが、
実際の場面ではできない気がした。
だって、細かいことはもうすでに忘れてる。。。

あぁ、もうCPRの講習受けてから6年経ってる。だめぢゃん。3年に一度は受けて下さいって言われた気がする。

 CPRが必要な人って大概のことをしてもそれ以上悪くなる事はほとんどありません。肋骨をぼきぼき折ってしまった事もありますが、心停止にそんなもの可愛らしいものです。何か体に損傷を少々与えても心臓さえ再起動してくれたらなんとかなります。
 是非、機会があれば実践してください。

 忘れたり、混乱していたら人工呼吸はいいですからただひたすら心臓マッサージを120/分くらいのペースでやって下さい。それで呼吸も再会される事はよくあります。マウストゥマウスは感染も怖いですから。

あの人形にはモデルがあるらしい。
子供を事故で亡くした親が、子供をモデルにした練習用の人形を作り、救急救命の啓蒙とトレーニングのために大量に寄付したそうな。

じゃと> たしかにあれは細かいこと全部覚えておくのは大変そう。日本で(細かいことをのぞいても)CPR出来る人の割合は2%なんだそうです。ちなみにアメリカでは20%。道ばたで倒れたら、アメリカでは5人目の人までの間に出来る人が現れるけど、日本では50人目。

ひ。> 2〜3年に1回講習を受けてくださいと確かに言ってました。やりかたと思い出すと同時にやり方も変わってるみたいです。今日(10月)からは、心臓マッサージの回数が15回から30回に変更になるそうです。

あーる> なるほど。心臓マッサージだけでもしないよりは良いんですね。先生にそういわれると安心です。

ケロロ> モデルが居るんですね。でも、今回使用したのは大人サイズの模型でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車、、CPR:

« 心拍数としんどさ | トップページ | フェニックス »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ