« みんなありがとう | トップページ | 鈴鹿サーキット »

BRM316装備・総括

装備等も備忘録として書いておきます。

コマ図をiPodに入れていきました。
こんな感じです。
20080320222947

これはかなり便利だと思います。iPodのボタンを押してぱらぱらとめくっていくイメージです。
交差点情報を地図として見ることができるので、前後の情報(たとえば店とか)や、交差点の形状なんかで曲がるべき交差点を認識することが可能です。

自転車へは、ランニングの時にiPodを腕に取り付けるためのホルダー(伸縮性の化学繊維でできているホルダー)をミノウラのグリップにくくりつけて固定しました。クッションの役割もあってよかったかもしれません。200kmでは電池は1目盛り減っただけでした。

ただ、当たり前ですが、ルートから外れてしまうと全く役に立ちませんでした。やっぱりGPSがほしいところです。

バックパックはWingNutのHyper3.0を使いました。バックパックというかヒップバッグの肩紐付きバージョンという感じです。これも非常に使いやすかったです。でも、今回は雨具不要でしたので、メインの気室にはなごやんが入っていただけでした。再度のポケットはアクセスよくveryGood!でした。

あとはサドル後ろへつけたミノウラのボトルケージホルダも良い感じです。結構つけている人いてました。そこへツール缶をさしていました。サドルの高さよりも出っ張ってるから尻があたってじゃまかな、と心配していましたが、全然問題なかったです。

ドリンクは、クエン酸とアミノバイタルを水で溶いてボトルに入れていました。アミノバイタルの粉は薬のようでまずかったです。クエン酸は飲んだ時の口当たりは良いのですが、Naをはじめとするミネラルが補給されないので問題ありますね。
VETTAのメータは非常に快調。時間と距離と速度が同時に表示されるのは良いです。

空気入れは幸いにも出番なし。よかったです。

お守りは、
効果絶大でした!>>ありがとう。連れ合いと子供たち

ウェアは冬用の長袖J。最高気温19度の割には冬用長袖Jでちょうどよかったかな。
手袋は指切りタイプででました。3年前のぼろぼろのやつだったせいか、内側の縫い目が段差になっていて、そこが手のひらに当たる箇所が痛くなりました。それと、走行後、小指がしびれていました。

« みんなありがとう | トップページ | 鈴鹿サーキット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みんなありがとう | トップページ | 鈴鹿サーキット »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ