« メダル〜 | トップページ | 4月総括! »

BRM426名古屋300km-2

さて、リタイアを決意したものの、なかなか言い出せずとりあえず唐揚げ親子丼を食べた。

その場に居たスタッフの人と話(前回も今回も結構お話させていただいているのに、お名前を伺ってませんでした。たぶん岐阜の方です。車はBMWのM3!!うらやましい〜)していると、

「治部坂さえ超えてしまえばあとは下り基調。PC3に22時までに到着できれば、300完走は難しく無いよ、、」との事。確かになぁ、、と思いつつリタイアを先延ばしにすることに。

とりあえず、いけるところまで行ってだめならそこでリタイア! つらい登りでもきびすを返せばそこからは下りだし、と考えるとずいぶんと気が楽に。そうと決まれば、、水・チロルチョコ(笑)を購入してトイレをすませて早々に出発!

このあたり、微妙〜な気分で考え事をしていたので、PC2到着をblogにアップするのをすっか
り失念。ヒロさん、、心配をおかけしてすみませんでした。

P1040931

弁天橋から天竜川 天気は回復(というか元々晴れ?) 風が強いが気持ちいい!


 


で、16時35分。復路出発。出発して飯田市内に入るなり100mの直線登り。ゆるゆると進む。まるで、自分の死に場所(リタイヤ場所)を探がごとく。

で、どんなにゆるゆるでも歩く速さの倍では上れている訳だし、いつかはてっぺんに到着するんだ、下から見上げる坂道は実物以上に急に見えるなぁ、、とか考えながら。で、てっぺんに到着すると下りたくなって、、、、を繰り返しているうちに寒原峠への最後のコンビニに到着。トイレを借りて、尻にクリームを塗りたくって尻へのダメージを抑える。欲望に任せてチョコレートを食う、電池を買う!(買ってて良かった〜)など準備を。

覚悟を決めて、寒原峠をナメクジのように(笑)ゆるゆると登り始める(18時30分)。途中Pのマーク(駐車帯)があると休憩。M3が前に止まって、「あと4km!がんばって!!」と声をかけてもらう。

あたりは真っ暗。一度休憩していると、黒い犬(飼い犬?)が音もなく忍び寄ってきていてかなりびびる。幸いにも、敵対心をむき出しにしているタイプでも無いので助かった。何か食い物でも、と思ったけど、チョコしか無かったので、、、(犬猫にチョコはだめだよね??)

このあたりから雨が本降りに。

途中、トンネルが2個並んでいるところで力尽きる。右側に歩道があるからそちらに移って押す。突如GPSの画面が消える!! え、もしかしてこのトンネル、何か出る??電池切れだったら事前にLowBatteryの警告が出るはず!! 思わず早足に(笑)。

このあたりから名古屋のSさんと良く遭遇した。トンネルを歩いているとSさんが軽やかに抜いていく。
次のトンネルでレインウェアを装着しているSさんとまたあう。
「残りは標高60mです! がんばりましょう」
と言って最後一緒にを登る。

最後のトンネルを抜けるとそこからは下り。雨は本降り。そんな中Sさんはすごいスピードで下って行ってしまった。ワシは怖くてスピードが出せない。常にブレーキを本気引きで下る。ここら辺でシューのほとんどを摩耗させてしまったのではないだろうか??

下っていると、、寒くて仕方がない。やる気がそがれる。PC3まで行ってリタイヤしよ、とまた弱気の虫が顔を出す。

気温は6℃程。雨は本降りというか夕立のような雨。Tシャツ・半袖ジャージ・レインウェア・指切りグローブでは寒すぎ。浪合トンネルの出口でついに我慢できずに長袖ジャージを着用&グローブを雨天用のゴアのグローブに変更。

手がぬれていて着用に時間がかかる。で、ようやく着用したところで、GPSの電池切れ。。電池交換を行うためにグローブを外してまたつけるのに苦労する(笑)。10分程停車。この間2名に抜かれる。これで最後尾、、かな。

でも、ほんとに、防水グッズを持ってきて良かった〜。。。

手袋と長袖ジャージのおかげで結構元気になる。

さて、最後の難関(と思っていた)治部坂峠へ登る。約200mの高低差の割にはあまりつらくない。ゆるゆる登っていたからか、暖かくなって気力が充実したからか? しかし、時間が気になる。GPSのサイコンのトータルの平均速度が15km/hを切るとアウト(300kmを制限時間20時間なので、、)。で、治部坂を登っているときに、ついに14.9km/hに。。。。。

が、しかし、治部坂峠を越えると、神の救いか、路面がドライに!!よっしゃ〜、、とばかりに下る下る下る。しばらくすると、また少し登りになるが、その後は下り。長野県から愛知県に入る。豊田市が長野県に接しているとは、市町村合併によるものとはいえすごく意外な気がする。

豊田市に入ったところでグロスの平均速度は15.5km/hにまで回復。PC3は大丈夫かな(=300も大丈夫かな)という思いがよぎる。併せて、豊田市に入ったという安堵感からから、精神的にちょっと切れる。

しかし、ここからが結構きつい坂道で200mほどの登坂。車速は10km/hほどにまで落ちる。迫り来るClose時間。大丈夫なのだろうか? こんな時に限ってハンガーノックのような症状が。仕方ないので、一度車を止めて自販機でピーチネクター一気のみ!&最後のチロルチョコ2個一気食い。後はなんとか気合いでGo!

このことになると、走っているときに脇の藪でがさごそ気配を感じても何とも思わず。見えてはいけないモノ(人?)に対しても、背中おしてくれないかなぁ、、と思う始末。あとの心の支えは、ここでリタイア(タイムオーバー)になると、お守りを作ってくれた子供達や土日道楽に送り出してくれた連れ合いに申し訳ないという気持ちと、銀色のメダルをもらうんだといく気持ち。

へろへろになりながらこの坂を越えるとあとは下り。車が全然通らない国道をまたまた一気に駆け下りる。

21時40分 Close時間まで20分のPC3に到着。思わず、「間に合った〜」と声が出る。当然ビリだと思っていたら、まだ後ろに5名ほど居るとのこと。後続到着を待つ。

食べたものは、冷やし温玉うどん。Naが不足しているのか、つゆがうまい。飲みほしてしまった。

待っている間に、コンビニの店長に嫌みをたっぷり言われる。

D1000455


そうこうするうちに、22時頃2名到着。Close時間は22時02分。
急いで何か買って!! と行って店内に送り出す。こんな時に限ってレジは1台。。どきどきはらはら状態。後ろののレシートは22時02分の文字が。ぎりぎりセーフ!!

22時15分頃一人で出発。出発するといきなりの登坂になるが、120mほどなのでゆるゆると登るとすぐにてっぺんへ。そこから下りで少し登って伊勢神トンネル。時刻も遅いので車はほとんど通らない。行きはトンネル内はほとんど下りだと思っていたのだけど、帰りも下りに思える、、ということはほぼフラットなんだろう。

伊勢神トンネルを抜けると、、そこからは正真正銘のダウンヒル。路面もドライ、車もほとんど無し。35km/h〜45km/hで下る。気持ちいい〜。途中、7%下り坂注意の看板がある。そっか、7%もあったのか、、良くこんな坂登ったよな〜、、状態で15kmを一気に降りる。(といっても、30分程かかっているのでさほど速くない(笑))

行きにも休憩したPC3をでてから初めて現れるサークルKで小休止。ビタミンウォーターを補給。ここでも、Sさんに会う。
「寒くて体が冷える」と言い缶コーヒーを飲んでいた。Sさんは一足先に出発。後50km。ミクシィをアップしてトイレに言ってから一人で出発。

自転車の音以外には水の張られた田んぼから聞こえてくる蛙の声ばかり。ふと見上げた空には満天の星。なんだかほっこりとした気分になる。

日付を替えたあとは豊田の市街地を走る。このあたりでSさんと再度合流。以降ゴールまで前を引いてもらった。24時を回っては居るが、今日は土曜日(正確には日曜か、、)、待ちは人(というか車)であふれかえっている。がらの悪そうな車もたくさん!!まあ、でも、ブロブロうるさいだけで幅寄せとかはされないので何ら問題無し。

大府市に入ったあたりでOさんを発見。エネルギー不足でコンビニで休憩されていたとの事。3両編成に。しかし、SさんもOさんも元気いっぱい。足をくるくる回して走る。すごいなぁ。ともすれば平地でのスピードが下がりがちなところを一緒に走らせてもらったおかげでこちらもずいぶんと速く走ることができた。感謝!!

信号待ちでSさんと話をすると、209(大雪で中止になった近畿の200km)にも出ていたとのこと。「会ってるかもしれませんね」と言って笑う。
しかし、このあたりの信号、サイクルが速すぎ。せっかく止まったんならちょっと休ませてよ〜と弱気の虫が騒ぐ。赤で減速・すぐ青になって再加速の繰り返し。一人だったらつらかったろうなぁ。

2時前に名鉄河和線をくぐるところで、(名前を聞けずじまいだった)もう一人合流。4人でゴールを目指す。ここまでくれば歩いてでも時間内にゴールできるかな、と思うと一安心。朝倉駅前のロータリーを超えると自ずとテンションがあがってくる!
やったーと思いながらゴールしたのが2時10分。19時間と10分かかった。

ゴール後カードを記載してもらっている間にカレーせんべいをもらう。おいしい。おいしい。後はコーラをごくごくと。その間に自転車百哩走大王ジャージを着た方が車で帰っていく。63歳とのこと。すごいなぁ。

それと、最速さんは20時過ぎにゴールだったらしい。

さて、ひとしきりお菓子をいただいた(笑)あと、深夜の駐車場で服を着替えて帰宅の途に。想定していたとおり眠くなったので、土山SAで仮眠。1時間程寝て、ラーメンくって出発。家についたのは8時前かな。特に問題など無く帰宅。でも、疲れた、、というか眠い。午前中1時間、午後1時間昼寝。
午後から自転車を水洗い。雨の中を走ったのでもうどろどろ。それと、後ろのブレーキシュー(19日に交換したもの)がほとんどすり減っていてびっくり。リアのホイールに黒いかすがこびりついている。雨の中のダウンヒルがこれほどまでとは、驚き。でも、考えてみたら、下ハンもって力一杯引いていたからなぁ。。
後はリアの振れがまた発生。前回見てもらったときも、またぶれるようならスポーク交換も視野に入れましょう、と言ってたのでまた持って行かなきゃ。

さて、今回のデータ等


Screenshot_07

端が切れています。クリックすると全体が表示されます。

距離:305.5km
速度:20.4km/h(14時間59分) 走行のみ
   15.1km/h(20時間10分) グロス
累積標高(+):往路2624m 復路2418m
累積標高(-):往路2200m 復路2845m
最高速度:49.7km/h
平均心拍:132bpm(11時間経過地点まで)
最高心拍:168bpm(11時間経過地点まで)
消費カロリー:8692kcal(11時間経過地点まで)

累積標高って本当かなぁ、、往復で5000m以上も登ったなんてあり得るの??
心拍計は11時間07分54秒で止まっていた。。。なんで??

思ったこと/考えたこと/備忘録

・上り坂もいつかは終わる。ゆっくりでも進めばいい。
・でも、体重を減らさないと登りはしんどい。
・雨の日の夜の下りは怖い。
・ブレーキシューの減りの速さ。
・雨の日の夜のトンネルも怖い(別の意味で)。
・体よりも精神的につらい事が多い(特にリタイアを決意する課程で)。
・雨具は絶対に必要。特に山道では。


長くなったけど、以上です。

また一つ経験値を上げることができたような気がします。

次はやっぱり山道の517の近畿の300です。ご一緒できる方、お会いできるのを楽しみにしています!


« メダル〜 | トップページ | 4月総括! »

コメント

後半ご一緒したSです。

一緒に走る人がいるとモチベーションが維持しやすいこともありますね。
ペースが合いやすい仲間と自然とグループが形成されるブルベならではでないでしょうか。

実は、スタートしてからしばらく、にしやすさんの後ろを走っておりました。
ブルベ参加2回目とは思えぬ安定した走りでしたよ。

またどっかでお会いできると思います。その時はヨロシクです。

Sさん

その節は大変お世話になりました&ずっと前を引かせてしまって申し訳ありませんでした。

最後の市街地を一人で走っていたらもっともっと時間がかかってしまったと思います。

まだどこかで一緒にお会いできることを楽しみにしています!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダル〜 | トップページ | 4月総括! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ