« 琵琶湖サイクリング | トップページ | 終わってしまった連休 »

六甲山

午後から六甲山に登ってきました。表六甲から登るのは初めてです。ロードになってからも初めてです。(ケーブル駅までは何度も行きましたが、、)
P1050004
ここまでが結構しんどいんです@新六甲大橋下

やっぱりしんどいのは、高羽〜神戸大学、大月台への分岐〜新六甲大橋下交差点、鉢巻展望台〜丁字が辻、、ですかね。全体的に急坂ではあるのだけど何となく緩急があるのです。でも、上記の間だけ息もつかせぬ急坂という感じ。当然足をつかずに登るなんてことは今の私には無理なので、適宜休憩を入れながら登ります。

P1050010
見事な緑です

最後の最後、あえぎながらようやく丁字が辻に到着。その後、右(最高峰)に行くか左(再度山)へ行くか少し悩んで、それ以上登らない左へ(へたれ(笑))。

P1050012
丁字が辻

六甲山牧場で給水して五辻から再度山へ。全部下りだと思っていたら随所に登りが出てきて意外でしたが、何とかビーナスブリッジを越えて降りてきました。

山道はまさに緑のトンネルという感じで快適でしたが、GW最終日、二輪・四輪ともに馬鹿者が多くて苦笑、、、です。でも、ああいう馬鹿者は、ガソリンをスピードだけではなく無駄に大きな音エネルギーに変えていることが多いので、500mくらい手前から接近が検知できるので準備ができて良いです。

P1050015

途中、黒いシルビアとマーク2とが衝突事故を起こしていました。GW最終日なのに大変だなぁ、と思いながら横をすり抜けます。

しかし、丁字が辻〜五辻までの下りの気持ちの良いこと。斜度がちょうど良いのですよね〜。暗峠の時に思ったのですが、下りも斜度がきつすぎると苦痛です。表六甲下りなんかは苦痛とまではいきませんが、ブレーキを握り続けるのはしんどいです。そういう意味では、この西六甲ドライブウェイは良い感じです。

BRM517とは違うしんどさなのでしょうが、まぁ、たとえ急坂が現れてもゆっくりでも登れば頂上に着くという当たり前のことが確認できたのでちょっと安心です。
名古屋でも思ったけど、坂道がしんどければ歩いて登れば良いだけだし、そこを7kmでゆるゆると登るとの5kmで歩いて登るのとではブルベ的にはほとんど差は無いと思っています。

連休最後の日、気持ちよく走ることができました。


それと、ひなともさんからお借りしている27Tの威力を再確認できました。六甲ケーブルまでの登りが結構楽に感じられました。27T買わなくっちゃ。Screenshot_080506

Screenshot_080506_02


« 琵琶湖サイクリング | トップページ | 終わってしまった連休 »

コメント

琵琶湖お疲れ様でした
またごいっしょさせてください
5/6は午前中に六甲いってました
ニアミスです
私たちは逆瀬川から最高峰までの往復でした
(泣.泣.泣)

表から行ったんですね♪
私達はポーアイをグルグル回っていました(笑)
表は道路にダンダン(?!)がないので、慣れればあっと言う間で、結構下りやすいと思います

これからの季節、山の方が涼しくて気持ちいいかもしれませんね♪

yunさま

ニアミスですね!!

普段は平地ばかりで、上り坂は、苦苦苦〜って感じで登っていますが、この時期の緑のトンネルは気持ちよくっていやされました!!


のんさま

表から行きました。
ダンダンは再度山であって凄く走りにくかったです。。。
でも、表の下りも急すぎて、、、、。

個人的には、西六甲ドライブウェイを終点まで、というのが良いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖サイクリング | トップページ | 終わってしまった連休 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ