« BRM214レポート ~PC1 | トップページ | BRM214レポート ~ゴール »

BRM214レポート ~PC3

住川のローソンまではだらだらの上り坂。もろに北風を受けます。ここはPC1までの間結構な時間を一緒に走っていた2人組(Goldwinペア)の後ろに付かせてもらいます。住川を右折した後の奈良テクノパークの上りで遅れます。また、その先の下りも途中グレーチングの段差がきつい部分があるのでゆっくり下ります。グレーチング恐怖症です(笑)。

その後、高取町の中を走り奉膳を超えて橋本橋を右折。ここからは本当に初めての道になります。下土佐から明日香に入ります。この道は結構車が多いですね。このあたりでは、よしださんたちと走っていた記憶があります。
P1050751

高松塚や甘橿の丘を越えて行きますが、この辺りのアップダウンが微妙に疲れます。雷(いかずちと読むんですね)の交差点を右折、この辺りで最初のランナーとすれ違います。多分7時30分出発の人だと思いますが、思わず、はえ〜、、と言ってしまいます。

櫻井木材団地5号の交差点を右折。この辺りの阿部とか上之宮という地名にはなじみが有ります。ワシは奈良出身で、高校時代の同級生がこの辺りに住んでいましたし今も住んで居るんです。

この辺りはCookieのジャージを着た方(なのでCookieさん)の後ろを走ります。でも、上りでは置いていかれます。
桜井市はもっと平坦だと思っていたのですが、案外小さなアップダウンを繰り返します。浅古の交差点を過ぎると長目の上り。右手に桜井市グリーンセンターがあります。

「犬が出るのはここか、、、。帰りは結構な上り。こりゃあかんなぁ、、、」
帰りは迂回路を進む決意をします。

さて、忍坂東を右に曲がります。いよいよ忍坂の始まりです。
最初は普通の上り坂です。スピードさえ気にしなければ登ることは可能です。ただ、路肩が本当に狭い上に大型車が多いです。上りで只でさえふらつきやすいのに本当に気を遣ってしまいます。エントリーディスタンスであるために参加者が多いこのブルベでこの忍阪はあまり良くないなぁ、、と思います。車にとっても、だいぶばらけているとはいえ大人数であの坂道をふらふら登られると良い気分はしないでしょうし、何台かは嫌がらせのようにきわきわをアクセルをふかしながら追い抜いていきました。

さて、進んでいくと、Cookieさんが自転車を路肩に倒しています。
「溝に落ちた??」と思って聞いてみると、なんと、「チェーンが切れた!」との事。ここでそれはきつすぎです。

「アンプル、カッター持ってますか?」と聞くと持っていないとのこと。ならば、、と私のサドルバッグから工具をpinを取り出します。が、Cookieさんは8速、私の持ってるpinは10速用です。だめもとで試そうということになり、しばし作業を見守ります。
(道路脇がすぐに深めの溝で自転車を立てかけておくところが無くってあまり手伝うことが出来ませんでした。(最後には溝の中に自転車を入れて立てましたが、、)

程なく、ルイガノに乗られた方(ルイガノさん)が合流します。

結局アンプルpinは使わずに、元々チェーンをつないでいるpinを再利用します。微妙な調整をしてなんとか進めるようになった時点で再スタート。。約20分ほど足を休めることが出来ました。

修理を終えて3人で忍坂を進み始めますが、無論ワシは遅れます(笑)。
登坂車線が出てきてから斜度はきつくなりますが、車との距離が空くのでその点では楽になります。この斜度、距離であればなんとかなります。
この辺りでヒロさんと都古さんペアをすれ違います。バヒューンって感じで2列隊形を保って降りて行きます。あの速度であの車間距離は私にはちょっとまねできません。信頼関係ですね。愛ですね。

次にすれ違ったのが、のむさんでしょうか。おそらく8時出発の先頭ですね。さらにきよしさんとすれ違います。連れ違いざまに、「にしやすさーん」と叫んでくれます。元気をいただきました。

最初に見える看板がてっぺんじゃ無いときはちょっと凹みますが、程なく頂上へ到着。あとはぴゅーっと下って13時44分PC2です。PC2にはキャノさんがスタッフでおられました。

一応押さずに登ることが出来ましたが、途中で20分の休憩が入っているので参考記録、ですね。また今度試すことにします。5月かな。
Img_0176

さて、ここまで私としては飛ばしすぎの感があり、かつ、忍坂のダメージを受けていて結構へろへろです。ローソンで補給をしようもおにぎりの残りは無し。手巻き寿司、つくね、等をいただいていると、エチレンさんが「DNF〜」といって到着されます。停車時にクリートが外れずに立ちごけ、、腰が相当痛そうです。これは厳しいです。DNFは正しい決断だったのでは無いでしょうか。

何となく肌寒く感じたこと、長い下りがあることからここでレインウェアを羽織ります。ちょうど良い感じでした。ウェア(上)に関しては今回の選択はドンぴしゃでした!

さて、PC2を「ラーメン食いに行きますわ」と言って威勢良く出発したものの、ワシも肩から肩胛骨にかけて鈍痛が続きます。肘をちょっと曲げると楽になるので、いつもより頭を下げた前傾姿勢で進みます。忍坂頂上へ向かう復路の上りでGonさんとすれ違います。表情にも余裕がみられた気がしたので、Gonさんは大丈夫そうだな、自分の方がやばそう、と思いました。

忍坂はこわごわですが、50km/h程度で下ります。都古さんはどのくらい出すんだろう、とか思いながら、、、。楽な下りはすぐに終わり、本日最大の難所、野犬ポイントです。坂道を早く登ろうとおもってもそれは無理な話。ゆっくり登ります。。
が、野犬の姿は有りません。良かった〜。。。この坂道でルイガノさんに抜かれます。にしやすはもうへろへろ。離されては信号で追いつく、、を繰り返します。

精神的に一番辛かったのが明日香村辺りです。あのだらだらアップダウンが心を折ってしまいます。下土佐を右折する辺りで完全にルイガノさんには置いて行かれました。22km/h程度でしか進めません。高取町に入り、奉膳の交差点の車道を直進。あれ、道間違えました。GARMINが無ければ彷徨うところでした。復路も歩道を通過しないとだめなんですね。歩道トンネルは右側なのでつい車道を行ってしまいました。

間違えたので戻っていると、前にいるはずのルイガノさんとすれ違います。橋本橋東を直進したとのこと。これも何かの縁ですな。。。

P1050755
今回のブルベは踏切によく引っかかりました。近鉄南大阪線の特急電車

さて、PC3までの最後の難関、ならテクノパークの坂道です。行きに降りた感じからは想像できないきつさです。右足のモモから脹ら脛が攣ります。痛いです。でも、我慢して進みます。この上りでCookieさんに追い抜かされますがなんとか頑張ります。頂上に着くと、ルイガノさんは左折してさらに上に進んでいます。さらに上に登ろうとするなんて、すごいです(笑)。
「こっちですよ〜」と言って、3人揃ってPC3へ15時45分に到着。

PC3で、「足がつった〜」と言ってると、Cookieさんが練り梅をくれました。指に付けてなめるとめちゃおいしいです。この補給が効いたのかも。それと、都古さんにもらったチョコレートケーキもここで頂きました。写真撮ろうと思いましたが、ジャージのポケットに入れていたので体温で暖まってしまってちょっと見た目が悪くなっていたので自粛(せっかくきれいに作って頂いたのに、、すみませんです)

« BRM214レポート ~PC1 | トップページ | BRM214レポート ~ゴール »

コメント

こんにちわ~ルイガノさんです(笑)
都古さん所からリンクでここに来てみたら、
なんか見たことのあるTREKの写真があったので、
この人はひょっとしてあの人かな~と思ってました。
今回は何度もミスコースを救っていただいて、本当に
助かりました。 ありがとうございました。

ルイガノさん改めtakaさん

勝手に命名してしまってすみませんでした。
takaさんといえば、毎日雄ノ山峠を越えて通勤されている、というすごい方ですよね!!

明日香村では本当にぼろぼろでついて行けませんでした、、、、(涙)
でも、よく遭遇しましたよね(笑)。。
次もどっかでお会いできますかね?
よろしくお願いします!!

はい、Cookieでございますよ(^^
おかげでなんとか完走できました!
そして翌日にはチェーン切り付きの工具を買いました(笑)
TpeakのMini18+……でしたよね? お貸し頂いたのは。
使い勝手が良かったので、同じ物を購入しました(^^;

わたしも5月の200kmは走るつもりです。
またよろしくお願いしますね~!

たぬきさん

前を引いてもらったり、練り梅をいただいたり、いろいろありがとうございました。
PC3でも長く休んでしまったためその後一緒に走ることが出来ませんでしたが、いただいた練り梅のおかげで以降はなんとか乗り切ることが出来ました。

また5月にお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BRM214レポート ~PC1 | トップページ | BRM214レポート ~ゴール »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ