« ゴール | トップページ | 自転車通勤わ〜い&向かい風Orz.... »

BRM606近畿300km〜これは修行と言うものか?

いやぁ、、悔しいですね。ほんまに。
300kmの間楽しいと思えたのは引牛越の標高700m地点まで。
そこでついつい足をついてしまった以降は本当に修行のようでした。
こんなに悔しい思いをしたのは、高校生の頃に国体の開会式の演奏をしたときに支給されるユニフォームのズボンのサイズが無かった事以来かも知れません。

スタート地点ではいつものようにいろんな人と歓談。
P1060196
nobさんのランドナーを見たり、ドールマスターさんのBD1を見たり。
P1060194
これから先の厳しい行程をみじんとも感じさせないまったりとした時間です。良い感じです。

スタートしてからは、bossさんについて行きます。途中雄ノ山でキャノさんにちょっとだけついていきますが追いつけません。下ったあたりであんのゆうさんと合流してしばらく一緒に走ります。

まだ10人以上の大集団になっちゃうので、出来るだけ前との間隔を開け気味に、と思いますが、やっぱりつまっちゃいます。前が詰まっているおかげでbossさんにも追いつけました。阪井のローソンでおにぎり2個とからあげクン購入。PC1での昼ご飯用です。

阪井のコンビニで出発間際にGonさんやくみちょうが入ってきました。調子良さそうです。

ここからは、あんのゆうさん、bossさんと3人で進みました。黒沢の上りに入ると、あんのゆうさんはペースそのままで上っていきます。

P1060201

後ろから、ひょえー、、と思って見ていました。しばらく登ると、あんのゆうさんが休憩されています。心拍が一定値(160bpmくらい?)まで上がると休憩という戦略のようです。これって良い考えかもしれません。次やってみようかなぁ、、、。

P1060205

黒沢の中腹辺りでbossさんにもついて行けなくなりました。牧場入り口で、ドールマスターさんに追いつきます。去年も確か全く同じ場所で遭遇。不思議な縁です。「去年は一緒に下りましたねえ」と話をすると、今年はさらに登って牧場のソフトクリームを食べに行くとのことです。すごいです。尊敬です。

せっかく登った分を全部下って徳田の交差点を左折。今年はトマトも食べず。
そこからはきれいな川沿いの道を一人で進みます。

P1060207

しばしほっと出来る場所でした。修理川に沿って斜度がきつくなった頃にタイムマシーンさんに追いつきます。暑いです。タイムマシーンさんがアームカバーをとるということでしたので、先に進みます。白馬の道の駅は予定通りスルー。トンネルの中央部以降で休憩です。

下りきって信号待ちでbossさんが追いつきます。そこからPC1までは一緒に進みます。PC1はやっぱり最後の坂が堪えます。

PC1では予定通り、おにぎり2個とからあげクンを食べます。

大逃げ宣言のキャノさんいらっしゃります(笑)。あんのゆうさん到着。晴天の下、外で食べるおにぎりは格別です。ここまでは予定通り良い感じです。

椿山ダムの脇を走ります。気持ちいいです。

P1060211

PC1を一人で出発した後田辺市に入った頃、ちょっと異変が。。。

P1060213

腰がだるい。。。。ここから龍神村のスーパーあだちまではノンストップで行こうと思っていただけにちょっとショックでした。仕方が無いので、道の駅日高川龍遊で小休止です。ベンチで横になって腰を伸ばします。念のためロキソニンをドーピング。だんだん余裕が無くなってきます。といっても、時間的には普通に大丈夫なんですけど、なんでそんなに焦っていたのか、私自身の事ながら全く理解できません。

道の駅を出るとスーパーまでは後少しでした。到着すると、bossさん、パテラさんがいらっしゃいます。

こんなところで会えるとは、、かなりうれしくなります。スーパーでは補給を購入。サンマ寿司がありますが、ちょっと多いかな、と思ってパンに変更。水・スポーツドリンクを1リットル購入してボトルとキャメルに注入! トイレにいって出発です。
キャノさんと一緒に出発ですが、上りが始まると予定通りついて行けません。先に行ってもらいます。

奈良県境までは順調。ここでちうりさんにもらったシリアルバーを食べます。おいしかったな〜。。。ありがとうございました>ちうりさん

P1060214

でも、問題はそこからです。ここで心を切れないように、、っていろんな人に言っていたにもかかわらず、やっぱり切れちゃいました。標高にして700mまでは何とか登りましたが、両足の太ももが攣ってしまい自転車を降りてしまいました。こうなるともう押してしまいますね。押していても太ももは攣るのですが、、、。

本当に惜しかったです。あと少しだったのに、、、でも、一旦押してしまうとどうしてももう一度乗ろうという気になれなかったんです。たぶん去年よりも早くに押しにはいっちゃったのでは??

意を決して再び乗り出したのはもう最後の左カーブでした。あとは怖い怖い下りです。タイムマシーンさんに軽く抜かれます。CATのジャージを着た2人にも後ろにつかれたので先に行ってもらいます。
そうです。わしは、上りも下りも遅いのです。特にグレーチングにはトラウマとも言える恐怖心が残っています。まして裏向きなんて許せるはずもありません(笑)。

P1060216

きれいな公衆トイレのところでアルウィンさんがパンク修理です。そこから数百メートル下に青のアンカー?の方がパンク修理です。さらに数百メートルくだったところでキャノさんパンク修理です。とがった石がいっぱい落ちているからその影響でしょうか。本当にこの下りは嫌です。二度とここは走りたくない、、と思いました。去年も思ったのですが、、、、、、。

その後ものろのろ走っていると、後ろから、カラカラカラカラとカンパのラチェット音が聞こえてきます。
キャノさんだ、、と思ってちょっとだけスピードを上げますが、ブラインドコーナーでは車が来ても対応出来るようなルート、スピードになってしまうので遅いなぁ、、と思っていたはずです。すみません。

P1060217

R168に出ると完全に疲れ切ってしまって、自販機脇で停車します。なんだかもう自転車に乗るのが嫌になってキャノさんにも先に行ってもらおうと思いましたが一緒に止まってくれました。
去年もこのあたりでへこたれました。確かひなともさんと走っていて、補給するから先行って下さい、と言ったかと。
よく考えたら、これも中間地点を少し過ぎた場所。200kmの時も折り返してしばらくテンションが低かったからそれと同じでしょうか。

10分ほど止まっていると貫太郎さんがやってきて、補給場所を聞かれましたので、17時には道の駅の売店がしまるから十津川温泉で補給した方が良いですよ、と言いました。

休憩をして道の駅を目指します。折立中学の前の坂、、たいしたことないのに疲れます。このあたりで16時55分。キャノさんは後3kmか、と言いながらスパートです。売店が閉まる17時ぎりぎりに到着するつもりのようです。
でも、直後に後5kmの看板が。。スピードが落ちたのでまた合流です(笑)。

結局道の駅には17時10分頃到着。去年に比べたら30分早着です。

P1060220
売店は17時30分まででした。貫太郎さんすみませんでした。

売店でアイスとあんパンを購入。足湯につかりながら食べます。凝り固まっていた足がジンジンとほぐされていくようで気持ち良いです。ようやくほっこりとした気分になれました。
キャノさんとあんのゆうさんは温泉に入って夕飯を食べてから行くと言います。誘われますが、やはりそんな余裕はありませんでした。

またもや一人で出発。

去年と比べて30分早いのと、開催が1ヶ月遅いので、まだまだ明るいです。これはとても良かったです。

P1060225
谷瀬の吊り橋を見ていこうと旧道に入りましたが、最後坂道があって凹みました。
このあたりは白井さんと一緒することが多かったですね。

あたりも真っ暗になって、大塔橋を渡ります。白井さんには先行ってもらって去年も休んだ建設会社事務所前で休憩です。
程なく貫太郎さんがやってきて、

「もうタイムアウトですかね?」と仰います。PC3に23時半までにつけばあとは大丈夫だろうし、まだ19時30分でしたので、
「そんなこと全く無いです。いまなら楽勝ですよ〜。去年は私は30分以上遅い時間にここを通りましたが、1時間の貯金でゴールできましたよ」と激励。
でも、人を激励している余裕なんてあのときのわしにはなかったはずです。
だって、五条でDNFかなぁ、、とかぼーっとフルフルシェークを飲みながら考えていましたから、、、。

もう少し休めば良いのに、元気なふりをして出発。でも、すぐに天辻峠への厳しい坂道が。踏ん張ることなくすぐに押しに。。あ〜あ。。なにやってんだか。すぐに貫太郎さんに抜かれます。

2つめの登坂車線がでてくる頃からやっぱこんなんじゃだめだと思い再度自転車にまたがります。前方に貫太郎さんのテールライトが見えます。追いつくわけもないのですが、励みになります。なんてことはない、「しっかりしろ」と激励されていたのは実はわしの方だったんです。

てっぺんの道の駅吉野路大塔は寒いです。アームカバーをつけても寒そうなのでレインウェアを羽織ります。あ〜、おいてこなくて良かった〜。ジャージは汗だくでしたので、そのまま下っていたら確実に体調を崩していたでしょう。

天辻からの下りは怖いです。またもや何人にも抜かれます。しばらくビアンキ小径のYさんの後ろを走りますがみんな早いです。怖いからゆっくり下ります。一気に500m以上下るのでこれを逆から登ることを想像すると憤死しそうです。
で、下ってるくせに結構な上りがあるから気が滅入ります。丹原を通過して本陣。ここからの上りは覚悟していたのでたいしたことありません。途中すき家の前を透るとbossさんの自転車がおいてありました。すき家で夕飯もいいなぁ、、頑張ればbossさんに追いつけるかな、、と思いPC3につきますが、またそこで気持ちが萎えてしまって、結局ローソンでパスタを食べました。
スタッフの小川さんと少し話が出来たのが良かったです。

さて、テンションだだ下がりで22時10分にPC3を出発。DNFも考えたのですが、輪行袋を車においてきたことに気づきます(笑)。もっとも時間的に22時すぎていたらもうだめなのですけどね。

たぶん本陣までの間にキャノさんご一行様とすれ違っていたのかな?なんか廻りを見る余裕がなかったようなきもします。前も見ていなかった?とちょっと怖くなりますね。

仕方がないのでこぎます。下り基調なのでとても楽。しかも弱い追い風。車も少ないし。。。

結局、良い感じで進めたかも。そうそう、特性のバイクオーディオ(スポンジボールのようなスピーカ+iPod)は一人で走る時には非常に有効でした!おすすめです。

麻生津大橋のサークルKで509の時と同じく休憩。店員さんも同じ人でした。珍しい名字だったので覚えていました。5分ほど休憩してすぐに出発。通過チェックまでもほぼ一人で走りました。通過チェックに到着したのが24時40分。50kmを2時間半くらいってまずまずのペースだったのかなぁ?精神的にはどよよーーんとした感じでしたが、、、。

25時過ぎに通過チェックを出発。やはり一人で出発。途中誰かに抜かれるからその人についていこうと思っていました。この時間の雄ノ山怖いんだもん(笑)。でも、誰にも抜かれず。あ〜、どないするねん。。。で、曰く付きのカーブミラー手前のJRガード下。。

え、なんか、光りながらふわふわする浮遊物が!! げげ、、もしかして本物??? それとも頭が変になった??
よく見るといくつもの光りが。。。ゆっくりとした周期で点滅しています。

そう、、蛍です。ちょっと感激です。そうなると暗闇がこわくなくなってきて、他にもいないかな?ときょろきょろ状態。でも、見えたのはその時だけ。ゴール後に他の人に聞いてもダレも見なかったって。本当に螢だったのかなぁ、、、?(汗)

結局雄ノ山峠も、2個目のヘアピンで自転車を降りました。あとは頂上まで押すだけです。ここでもCATジャージの2人組に抜かれます。もう頑張って坂を登ろうという気力は一切有りませんでした。情けないです。

雄ノ山下りはライト3灯のおかげで安心です。でも、SG-305が幾分暗くなってきました。

下りきると後は慣れた道です。ここは信号が必ず引っかかるので、緩く走っていたら、Yさんに抜かれます。すごいケイデンスでペダルを回しているので、心底尊敬していました。それに比べて自分と来たら、、、、。

そんな風にだらだら走っていたので大きな橋を2つ渡るうちにどんどん離されてしまいました。

いろいろ考えながらゴールイン。たぶん2時25分くらいだったでしょうか?
ゴール後もなんとなくぼーっとしていてカードを出すのもすごくダルな感じ。達成感とか無かったです。

今回、特に後半は一人っきりで走ることが多かったです。だから余計自分の内面が見えてしまって嫌でした。まるで修行のよう。

1:今回、峠は全部脚をつかずに登ろうと思っていたにもかかわらず、引牛越で脚をついてしまったらもうあきらめ。残りの峠は頑張ろうともしなかった。なんで?

2:速く走るのか、時間いっぱい楽しむのか、、どちらも出来ない中途半端さ。早く走れるように努力はしたか? 時間いっぱい楽しもうという覚悟を決めたか?自分に問うた時に、そのどちらも出来なかった自分をいやという程認識することに。。

前回の200kmがとても楽しかっただけに今回も結構わくわくな気分で参戦したのですが、やっぱりそんな生半可は覚悟じゃ受けて入れてもらえないコースなんだなぁ、、と思ったりもしました。

もうこのコースを走ることは無いような気がします。(と一応言っておきます)

それと、ほんとうに、坂道登れなくて悔しかったので、ダイエットまじめにやらないと。(とくに上記1:はダイエットの精神にも通ずるものがある気がします)

最後に、スタッフの皆様、途中で声をかけてくれた皆さん、引っ張ってくれた諸先輩方、、本当にいろいろありがとうございました。

将来何らかの形で恩返しができないか、、とよく考えてみることにします。

6日の走行距離:307km
------------------------------
6月の走行距離:415km

« ゴール | トップページ | 自転車通勤わ〜い&向かい風Orz.... »

コメント

お疲れさまでした!
阪井のローソン以降お会いできなかったので
時間も余裕で ラクラク&ウキウキなゴールかと思ってましたが、、大変だったんですね。
300km走破できるだけでも十分すごいことかと思うのですが、、
悩むから次があるんでしょうね。

「来年」の300は 全行程で絡めるよう頑張りますよ〜

お疲れさまでした。

最後まで待っていただいてありがとうございました。
もっと早くに到着する予定だったんですが・・・。

PC3からの下られてた時は、
我々はすき屋で食事中だったのでは
ないかと思います。
一緒に食事できたら良かったんですが。

次は、一緒に楽しみましょう。
温泉サイコーっすよ。

お疲れ様でした.
上記#2 同感です.
単にトラックデータをトレースするだけでした.少しも楽しくありませんでした.
しばらくブルベはいいかと思いました.

今回、泉佐野出口直前、会社から呼び出しで
DNS、残念無念でしたが、レポート拝見してると、走らなくて正解?と思いました。
レースをする人は、順位で一喜一憂 ブルベは、完走が本線、走りの内容で、一喜一憂するのは、完走目的から、数段階上に進んだ証だと思います、同じ場所をくるくる回る、螺旋階段も、横から見ると1段上がってます、ブルベもそんな感じだと思ってます、完走しか目標に出来ない私には、まだまだ先の話し
、お互い頑張りましょう。

このコースが相性悪いのかもしれないねぇ〜

SRにこだわらないでおこうと思ってます。そうすっと何だか気が楽になったッスよ

それと…

一度DNF経験しなはれ(笑)
実は経験無いでしょ?

悔しいけど
ずいぶん考えが変わるよ〜

おつかれさまでした。
ずいぶん精神的につらいブルベだったんですね
疲れてくるとよけいに悪い方へ考えがちですよね
私など時間内に走りきることすらどう見ても無理っぽい、
大変なコースをちゃんとゴールしてるだけでも、すっごい!って思います。
やっぱ、坂を攻略にはダイエットでしょうか?(汗)・・・私もがんばらなくちゃ


そういえば…PC2でにしやすさんに引牛越の話をしたら「あそこで足ついてしまったから来年もこなあかん〜」と非常につらそうに仰ってたのはよく覚えてます(笑

雄の山の蛍は私も同じ場所で最近初めて見ました、なので、にしやすさんの見たものもたぶん大丈夫でしょう(笑

お疲れ様でした。
初めて投稿します。
蛍を複数の方が目撃したことを知ってホッとしました。あの時間帯は去年幻覚を見まして、今回もそれかと思い悩んでいました。
へこむことが多かった今回のブルベ、あの蛍だけには救われました。

おつかれさまでした。
過酷だなぁ、やっぱり、、、でも、スタート地点の海とか、途中の緑の山とか、とってもきれいですね。
わたしもいつかブルベ走れるようにがんばってみます!!

お疲れ様でした~(^-^)
皆さんと一緒に近畿を走ったようにわくわくしながら読みました(^-^)
あ~やっぱり近畿に行けばよかったなぁって信州の山を登りながら何回もおもいましたよ~!!
憂鬱になるような暗いしんどいコースですもんね、足着いたのが悔しかったんですねぇ…。
私は近頃、足付いても登れりゃええやん!に覚醒しました(^-^)
それでヒロさんとちょっともめました(=_=)

本当お疲れさまでした!!

去年の300を振り返っても、楽しさより、いろんな面で厳しかったな~と言う思いが出てきます。
走るたびに、ブルベは本当に奥深いものだと感じました。


のんもまだまだ修行が足りません。頑張ります。

皆様

コメント頂きありがとうございました。
今週は別の意味で(っつか、仕事で、飲み会で)修行な1週間でした。今日からようやく自転車復活です。

くみちょう

お疲れ様でした。
今回はなんだか自分自身に納得がいかなくて最後の方かなり凹んでいました。
悩むから次がある、、良い事ですね。次までの間に自分が何を努力したのか、それが如実に表れるサイクルイベントかもしれませんね。ブルベって。

あんのゆうさん

お疲れ様でした。
いやいや、あんのゆうさん、きゃのさんの温泉+ちゃんとご飯という余裕は私には有りませんでした。しかも、PC3の前にすき家によってるし(笑)。。
400はお風呂狙っていきます。着替えを入れることの出来るサドルバッグを発注しました。あとは、串本コンビニから汚れ物を自宅に送付しようかと思っています。

ねらいは、サンゴの湯です〜!

パテラさん

お疲れ様でした。

>単にトラックデータをトレースするだけでした.少しも楽しくありませんでした.

まさしくその通りでした。去年は何が楽しくないのか判らなかったのですが、今年はまさにそんな気分。楽しむためにはやっぱり走力・自信が必要だなぁ、、と思いました。
1週間たってみて、来年3回目のチャレンジでは、タイムは縮まなくとも、いろいろ遊べる余裕も出てくるのかな?と思えるようになりました。

あれ??来年??(苦笑)

クロさん

突然の呼び出しで大変でしたね。
走りの内容、、ですか。無意識のうちに追いかけているのかもしれませんね。でも、追いかけるだけで努力は全然足りていないと思うのですが、、。
螺旋階段の件、よく覚えておきます。

>完走しか目標に出来ない私には

いやいや、クロさんの走りをみていたら、完走は前提。走りの内容を追い求めているように見えますよ(笑)。

ひなともさん

相性悪いのかもしれません。なんででしょうね。。よくわからないですが。
確かに、DNFは未経験です。DNFしたい〜、と思いつつも、輪行袋が無いとか、終電終わったとかで結局自転車こいでいますね。今回、輪行袋があったとして、「DNFしたい!」と思ってから実行に移せたのかどうかは私にもよくわかりません。

考え方が変わるのは何となく判る気がします。でも、嫌なことってすぐ忘れてしまいますね。
来年こそリベンジとか思ってる自分が居ます。
本文中に、
>もうこのコースを走ることは無いような気がします。(と一応言っておきます)
かっこで追記した事が、、、(笑)

来年は一緒にでますか?300km??

ちうりさん

遅くなってしまいましたが、補給食ありがとうございました。元気出ましたよ〜。。
あれを自分でつくってしまわれるなんてすごいです。

坂道の攻略、ですが、坂道は体重がいくつでもしんどさはあまり変わらないと思います。但しスピードが変わりますが、、。痩せてるともともとのスピードが高いからしんどくなったら落とせばいいだけ。でも、太ってるともともとのスピードが遅いから、しんどくなってスピードを落とすと停止→落車としゃれになりません。
ダイエットすれば絶対に楽になると思いますね。でも、できない。甘いよな〜。。。

takaさん

膝は大丈夫ですか??
リベンジで臨んだのですが返り討ちにあってしまいました。それもメンタルな面のダメージは去年以上です。あはは。
螢は本物だったようで良かったです。

yさん

えっと、ひなともさんと遭難しかかったyさんですよね?こちらでもよろしくお願いいたします。

私も帰りの雄ノ山で螢を見て、ほっこりとして気分にさせてもらいました。良かったです。
次は400ですよね? よろしくお願いいたします。

あきこさん

途中の景色は写真を見返してみるときれいですね。でも、走っている時にはそれを感じる余裕が無かったです。もう少しメンタルな面で強くならないと、、と思ったブルベでした。

>わたしもいつかブルベ走れるようにがんばってみます!!

あきこさんは走力は全く問題ないと思います(あのAvg.を見ていたらかなり早くゴール出来そう!)
あとは仕事の日程調整くらいでしょうか。
ブルベでお会いできるのを楽しみにしています!

都古さん

600kmお疲れ様です。え、もしかして、すでにSR権取得でしょうか? すごいです!
そうなんですよね。足ついてでも押してでも登れりゃええやん、、って事なんです。
でも、今回の目標が、足つかない、、だったので、それが悔しくって。。。もう少しまともな目標を立てれば良かったですね。

のんさん

あのコースはとても疲れるコースなのかもしれませんね。うん。
奥深いからやめられなくなっちゃうんだろうなぁ、、、ブルベ。

400は出ないのですか?

コメントが大変遅くなりましたm(_ _)m


>2:速く走るのか、時間いっぱい楽しむのか、、どちらも出来ない中途半端

速く走れなくても、自分の決めた目標にどれだけ近づけれるかで満足度は違ってくると思います。

登りの登りはじめににしやすさんについていけなくあせっている自分がおります。

金曜日ははじけましょう!


bossさん

お疲れ様でした。

>速く走れなくても、自分の決めた目標にどれだけ近づけれるかで満足度は違ってくる

ですね。私もそう思います。

今回、bossさんになるべくついて行く、が目標だったのですが、25時着を目指すbossさんに対して、私は25時は無理だな、ついて行けないよなぁ、、とも矛盾するもやもやした気持ちのママスタートしたのが後味の悪い原因なのかもしれません。

次回はすっきり走りたいですヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴール | トップページ | 自転車通勤わ〜い&向かい風Orz.... »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ