無料ブログはココログ

B747

久しぶりにB747に搭乗。

4発機なせいか、B777とかに比べると格段に高級感が在るような気がする。
何が高級か良くわからんが、車で言うと普段(777)は直4ターボに乗っているんだけど、今日は(747)はV8に乗っている、、という感じかな。直4ターボもV8も乗った事ないけど、、

それと、離陸までの加速が良い感じがするし、777や767と比べて早くに後輪が離陸するような気がする。でも、これは積載量に左右されるから一概にはいえないだろうけど。。

JLの感想は、、関西~香港便をビジネスクラスで利用する、、と限定してしまえば、JLに軍配が上がるだろうなぁ。まず、

1:747のCコンパートメントまで全てCクラス。席多すぎ。でも、そのおかげで  隣席はよほど混雑していない限り空席となり快適
2:シートが濃色でなんとなく高級感があふれてる
3:本当に運が良ければ、(古いけど)Fクラスのシートに座る事が出来る
4:VOD、パーソナルTV有り

こんなところだろうかね。

それもこれも、ANAの関空~香港便に使用されている機材が古いんだよな~。767。
特に、エンタメ系が。ワシが小学校6年生の時に初めて乗ったB747と同じ、コンパートメント毎にスクリーンがあって、そこにRGBの投影機で決められた時間に好みもなにもあったもんじゃない映画を流すだけ。見たい映画に当たるときもあるけど、(イオンフラックス、ビューティフルドリーマー等)特に帰りの便は必ずと言って良い程、アメリカンコメディードラマをやるので(あまり好きでは無い)退屈なんだよな~。まあ、本を読む、DSをやる等いろいろすればいいんだろうけどね。
787(7E7)が出ても、成田路線から導入になるんだろうな。ま、関西だしね。すいているし仕方ないか。

で、そのVODで見たのが、浅田次郎原作の”メトロに乗って”。兄が交通事故で死んだ夜に飲み屋で父親の思いを知ってしまったあたりでちょうど着陸。良いところだったのに。

確かこの本うちにあったよね? おいといてね>奥様

で、JLに乗った感想としては、上の方は赤字だ追加融資だいろいろ騒がしくなってるけど、現場の人は良い感じでやってると思う。とくに、今日は男性CA(たぶんチーフパーサー)が居て、その人のサービスは五月蠅すぎず、放置するわけでも無し、良い感じだった。

問題点(と言うほどでもないけど、)は、NHより50分早い事(フェリー待ちが長くなるだけで中国に着くのは同じ時間)、現時点では上級会員で無い事、、くらいかな。

やっとこさ

忘れないうちに旅行記を最後までかけた。
なんとなく一安心ですな。

すぐにでももう一度行きたいが、、、(笑)

ふ〜

バカンスが終わってげんなり、、ってただでさえ気が重いのに、この蒸し暑さ。たまりませんな。

とっとと旅行中の日記を書かねば、、と思いつつ、まだ全部出来ていませんが、ここにちょっとアップしました。
北海道旅行記2006
お暇ならどうぞ、、ってあまり楽しい内容でもないけど、、ね。

休みも今日でおしまい。。うぅぅ。。

ファーストクラス

P1020176

先日、KIX->SFOをUA886に乗ったのだけど、ゲートのところで同行者共々名前を呼ばれた。ゲートでの呼び出しは初めてだったのでなんだろう?と思っていってみると、ビジネスからファーストにアップグレードされた、、との事。
ファーストなんてアップグレードされる事無しでは自腹はもちろん会社腹でも乗る事は無いだろうからかなり浮かれ気分。
シートはこんな感じ。
完全に真っ平らにすると頭が下がりすぎて気持ち悪い程。尻は全く痛くならず、靴下を脱いで(笑)家に居るときのように熟睡できた。おかげで降機時に靴を履いて全然むくんでいない。
食事はANA香港便と違って、1皿ずつサーブされる。
・ベーコンとモントレージャックチーズの暖かいミニキッシュ
・チキンとマッシュルームのスープ
・季節の葉野菜 クリーミーシーザードレッシング
・舌平目のフライチリソース タイ風ヌードル 野菜のソテー添え(写真)

P1020192

・チーズプレート
・フルーツ
・紅茶
もうおなか一杯。

食事と一緒に飲んでいた赤ワイン

ベリンジャー・バンクロフト・ランチ・メルロ 2000 ハウエル・マウンテン

がめちゃウマだった。調子に乗りすぎてたぶん一人で1本空けてしまったと思われる。
現地時間に時計を合わせて25時頃食事を終え、26時就寝。8時頃目が覚めるととても気分がわるくて汗びっしょり。ちょっと塩分補給、と思って朝食を頼むがほとんど食べる事が出来ない。そうこうするうちに、着陸態勢に入ってしまいベルトを着用。高度を下げるときの揺れ+二日酔いでやばい、、と思ってエチケット(笑)袋(通称ゲロ袋)をとろうとするも、席が広すぎて届かない(笑)。困ったと思っていると無事着陸。なかなかどきどきでした。

UAの機内オーディオサービスで、管制官との通信がそのまま聞けるchがあったので着陸時に聞いていた。結構おもしろい。離陸の時にも聞けるみたいだけど、CAさんがスイッチを入れるのを忘れていたらしく聞けなかった。。

CAさんはアメリカのエアラインを象徴していて、高齢・おおざっぱ。  にしやすと隣に座った同行者とを取り違えていて、ワシが頼んだ飲み物が同行氏のところへサーブされるし、同行氏に対して、「にしやすさま」と言い続けるし、、、苦笑い。

さすがに同行氏がオレンジジュース、ワシが赤ワインを頼んでいるところ、同行氏のところに赤ワインをサーブした時点で気がついたらしく、その後は修正されたけど、、

それから、ただでアップグレードされた為、最前列の席を割り当てられたが、壁をはさんだギャレーでCAさんたちがくっちゃべる事くっちゃべる事。寝ているときに何度か馬鹿笑いに起こされた。こっちも酔っぱらいだからその程度で起こされてもすぐに寝付けるんだけど(それにただだし、、)、本当に静かな空間を求めてファーストに高いお金を出している人は許せないんじゃないかな、、と思った。そいう人はやっぱり日系エアラインを選択すべきでしょうね。ただ、UA(というかたぶんUS系)はファーストでもそんな感じだから、良くいろいろなところで議論(というかけんか??)となる、ビジネス、ファーストクラスのドレスコードについては、少なくともUAでは一切必要ないと思う。短パン・ビーサンで搭乗しても全く問題ないのではないかと。。。実際スーツ・ネクタイって人は皆無。ジャケットは着ているけど、七分丈ズボンの日本人の兄ちゃんも居たし。

夏休みの予定

夏休みの家族旅行を申し込んだ。
4人だとそれなりの金額になるから少したじろいたけど、お盆休みのハイシーズンだし、、、、
ピカ夏家族旅行、、、です(笑)。

ANAから

小包が届いたというお知らせ。
何か良いものかと思って、再配達してもらったけど、ブロンズのカードが入っている普通の封筒。こんなのなんで小包なのだろうか??普通の配達記録で良いんじゃ無いだろうか?と思う。期待しただけに(何を期待したのか?)肩すかしを食らった気分(笑)。
とはいえ、来年ブロンズの権利をクリアしているけど、ブロンズの事前サービスというのは基本的に無いのだから、体験という事でボーナスマイルなんかももらえるんだからありがたいと思わないとね。
でも、ブロンズの特典って、、ボーナスマイル、1000マイル使ってのラウンジ使用、空席待ちの優先取り扱い、プレミアムエコノミーチェックインカウンター使用、、って有るみたい。このうち使いそうなのって、ボーナスマイルくらいかしら?? だいたい急な出張が多くて且つ帰りの日程も定まらないというパターンなので、予約変更出来ない料金クラスは使えないので、たいがい通常運賃。なのでラウンジはいつも使える。チェックインカウンターもCクラスのカウンターが使用できる(ANAカードWIDE)、空席待ちが必要となるシチュエーションに出会ったこともないし、、、

とにかく、ありがたくちょうだいして、ボーナスマイルをいただくとします。
やっぱりプレミアを早く達成したいな。

最近のトラックバック

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31